Larutan




ラルタンについてラルタンについて


文化部

第一回雑華の集い

雑華①.JPG

二月堂・法華堂 6月30日(火)

森本公穣常任理事にご案内いただき、二月堂と法華堂を拝観いたしました。法華堂(三月堂)は東大寺最古の建築物であり、天平建築の本堂と鎌倉建築の礼堂を一つに繫いだお堂は調和のとれた美しさで、高い技術力をうかがい知ることができました。本堂には見上げる大きさの十体の仏像が所狭しと安置され、厳かな気に包まれておりました。
二月堂では特別にお堂の内部を見学させていただき感激いたしました。
昼食後は森本公穣常任理事より、ダライ・ラマ十四世のお話を拝聴し、梅雨の中休みの一日を爽やかな気持ちで過ごすことができました。

第二回雑華の集い

IMG_0019.JPG

法隆寺10月28日(水)

10月28日法隆寺にて開催されました第二回雑華の集いは、予想を上回る170名という多数のご応募を頂きましたが、法隆寺管長大野玄妙師のご厚意もあり、抽選の予定を変更して全員参加して頂くことができました。
広い境内の中は、東西両院の伽藍、百済観音像のある大宝蔵院、特別公開中の「法隆寺秘法展」と見所満載でした。御僧の丁寧なご説明のもと、世界遺産の素晴らしさを満喫いたしました。
昼食は『以和為貴』(和をもって貴しとなす)の額がある聖徳会館でいただき、管長、直々のご法話を拝聴致しました。「全ての人々が仲良く幸せになれる社会」を理想とした聖徳太子が制定した十七条憲法にある三宝「仏(目的)、法(方法)、僧(共に頑張る仲間)」の大切さなど、分かりやすくご説明頂き深い感銘を受けました。
秋晴れの一日、1400年前とほぼ変わらぬ風景の中で飛鳥文化に浸り、心落ち着く時間となりました。

第三回雑華の集い

雑華③-4.jpg

公慶堂12月12日(土)

さわやかな小春日和に中、森本公穣常任理事にご案内いただき、東大寺公慶堂にて『第三回雑華の集い』を開催致しました。
森本公穣先生は三年ぶりに未来の僧侶になる為の試験官をされていて、大変お忙しい中来ていただきました。試験の裏話、夢見というユーモアたっぷりの御講和をしていただきました。
昼食の後、公慶堂と大佛殿を拝観いたしました。江戸初期、公慶上人は、十三才で大佛様が可愛そうだと思い、大佛修復と大佛殿再興を志願され、現在の大佛殿の完成を見ることなく過労死されたそうです。これらの御講和の後の大佛様と大佛殿の拝観は、感慨深いものがあり、とても有意義な一日を過ごすことができました。

campaign_kage.png