Larutan




ラルタンについて


toudaiji_gakuen_D10.jpgtoudaiji_gakuen_D10.jpg©Shigeo Ogawa

toudaiji_gakuen_D08.jpgtoudaiji_gakuen_D08.jpg©Shigeo Ogawa

toudaiji_gakuen_D13.jpgtoudaiji_gakuen_D13.jpg©Shigeo Ogawa

toudaiji_gakuen_D16.jpgtoudaiji_gakuen_D16.jpg©Shigeo Ogawa

toudaiji_gakuen_D29.jpgtoudaiji_gakuen_D29.jpg©Shigeo Ogawa

toudaiji_gakuen_D17.jpgtoudaiji_gakuen_D17.jpg©Shigeo Ogawa

toudaiji_gakuen_D21.jpgtoudaiji_gakuen_D21.jpg©Shigeo Ogawa

toudaiji_gakuen_D18.jpgtoudaiji_gakuen_D18.jpg©Shigeo Ogawa

campaign_kage.png

雑華ホール

東大寺は華厳宗(けごんしゅう)ですが、この「華厳」はサンスクリット語のgandavyuha(ガンダビューハ)の訳語である「雑華厳浄」あるいは「雑華厳飾」の中央の二文字を取ったもので、「様々な花で仏の浄土を飾るという意味があります。このことから、ここで生徒のみなさんがそれぞれの個性を活かしながら、お互いが輝ける存在になれるようにとの願いを込めて、最初の二文字から名付けられました。

toudaiji_gakuen_D09.jpg©Shigeo Ogawa

☆収容人数は最大270名(※2分割して利用可能、雑華ホールA・B)で、天井高はなんと3m50cmもあります。
☆椅子の高さは色により2種類用意されています。 ice gray色・・・低い warm gray色・・・高い
☆補習・各種会合等でも利用可能です。(但し、使用規定あり)

サンガティ・スクエア

Saṃ-gati は「会うこと、交流、関係」などを意味するサンスクリット語です。雑華ホールの上部やホールから校舎昇降口への階段部分なども、生徒の皆さんがより交流を深めてくれるように設計されました。 この広場が、中学・高校の学年の垣根を超えて、広く集える場となることを願って名付けられました。

toudaiji_gakuen_D20.jpg©Shigeo Ogawa